50歳前にWEB業界に転職しました

これまでは、コールセンターで働いていましたが、
「一生この仕事をするのか」ということを考えると、
何か違うと感じ転職を考えました。

私はコールセンターで働きながら、
在宅ワークも長年続けていました。

本当は在宅ワークのようにパソコンを扱う仕事が好きなので、
本業もWEB関係の仕事がしたいとずっと思っていたので、
思い切ってコールの仕事を辞めて、WEBデザインの訓練校へ入校し、
半年間WEBデザイナーになる勉強をして、
「WEBクリエイター能力認定試験」初級を取得しました。

仕事は訓練校の卒業前から探していました。
主に「WEBデザイナー」で何度も面接を受けましたが、
50歳を前にした女性を雇ってくれる会社はなかなかありません。

訓練校の他の若い女性は早い時期に採用されていたので、
やはりこの業界は若くないと採用されないのかと不安でした。

その後、私のような年齢でもWEBデザイナーとして採用されました。
しかし、最初の会社は2ヶ月で試用期間内でクビになりました。

すぐに次の仕事を探して、今度はWEBデザインアシスタントとして
採用されましたが、2社目は業務内容も面接のときとは違うブラック企業でした。
ここは半年で辞めました。

あきらめかけたとき、家から近い場所に
WEB制作アシスタント職を見つけました。

今度こそと応募したら、数多くの応募者の中から
採用されました。

私がWEBデザインの勉強をしていたことだけではなく、
在宅ワークでライターの仕事をしていることも採用の理由のようでした。

ちなみに偶然見つけたサイトも参考になりました!
職種は違いますが、納得!看護師のパワハラ対策相談室

3社目はブラック企業ではありませんでした。
一緒に働く仲間もすごく良い人ばかりで、
勉強したスキルも活かして楽しく働いています。
転職して本当に良かったです。

50歳に近くても、雇ってくれるWEB企業がありました。
皆さんもあきらめないで頑張ってください。